資産運用のためのFX

将来の貯蓄のためにFXトレードをする

 

FXトレードは将来の資産運用には重要な手段だといっても過言ではないです。うまく利用すれば、サラリーマンでも稼げます。FXトレードにおいて、取引することができる通貨ペアは多くありますが、トレードしやすい通貨ペアなども存在しています。

 

為替取引は単純なのですが、奥が深い金融商品になっています。上がるか下がるかだけなのですが、多くの要因が絡み合っています。金融取引を安全におこなうためにも、リスク管理は非常に重要なものになっています。

 

自分自身が決めたルールに従うのも必要です。為替トレードは将来のための貯蓄のためにおこなうのもオススメになっており、為替トレード自体がしっかりとした資産運用として成り立つことが多いです。

 

リスク管理をしっかりとおこない、問題なとトレードをおこなえば、将来のための資産をしっかりと作ることができます。また、そういった資産を作るのにオススメのものは外貨預金になっています。

 

外貨預金はそれほど多くの知識もなく、安定して収入をえることができるものの1つになっています。外貨を購入して保有しておくことでスワップ金利がもらえるので、基本的には外貨を購入して持っておくだけでよい投資になっています。

FXとはどういう投資法か

投資には色々な種類があります。今最も熱いブームとなっている投資法はFXというものですが、株や国債等に比べ、知名度はあるもののやったことがある人はまだ少数派です。それもそのはず、元々企業向けの投資で、個人でも出来るようになったのは割と最近のことだからです。

 

しかし歴史的とも言える円高とその後の円安によって多額の儲けを出す人が目立つようになりました。わずか数十万円の元手からスタートして、いまや資産は9桁と言う人も少なくありません。ではそもそもFXとは一体どのようなものなのか、簡単に説明しましょう。

 

一言で言うと、外国為替の変動を利用して差額を稼ぐ投資法です。政権交代前、1ドルがいくらまで下がっていたか覚えているでしょうか。80円を切っていました。今、1ドルは約100円前後ですから、当時1ドル買って、それを今売れば20円ちょっとの儲けになります。

 

これが基本的なシステムです。もちろん何十万円、何百万円、何千万円と利益を出すためにはもっと大きな単位で取引することが必要です。そのためある程度の資金が無いと始められませんが、レバレッジというものを上手く使えば実際の資金の数倍、数十倍で取引することも可能です。FXとはそんな可能性を秘めた投資法なのです。

FX初心者には1000通貨単位での取引がお勧め

FX取引は長く10000通貨単位での売買が主流となってきていましたが、初心者が少ない資金でもFXを行うことができるように1000通貨単位での取引を可能にした業者が増えたため、最近では1000通貨での取引も活発に行われるようになっています。

 

たとえばドル円でいいますと10000通貨ではほぼ4万円強の証拠金が必要となるのですが、1000通貨ではその十分の一である4000円程度で取引ができるため、総額としても10万円ほどの証拠金を入れられれば十分な取引を行うことができるのです。

 

これはユーロ円やユーロドルなどでも同様の状況で、初心者にとってはかなり参入のハードルが低くなったといっていい条件なのです。金額こそ小さくなっても取引に起きることは通常の取引と同じですし、現金をかけて取引をする緊張感は十分に味わうことができるためデモトレードとはひと味違った取引を味わうことができるのです。

 

決定的な失敗をしてかしても10万円程度であれば、ちょっと高めの授業料ということであきらめのつくレベルでもあることから、この小額取引からFXにデビューする初心者は非常に多くなっているのです。これで一人前の取引ができるようになれば、いよいよ1万通貨でのディールへとアップグレードしていくのです。

 

FX口座比較で1,000通貨の取引ができるFX口座を探そう!
FX口座比較

MACDとは

FXをする上で売買のタイミングはとても重要です。売買のタイミングの判断方法は、人それぞれだと思います。値が上がっている時に、まだ上がると思う人もあれば、もうそろそろ下がると思う人もいます。ただ個人投資家の場合、見ているものは同じものです。

 

ファンダメンタル分析やテクニカル分析でも、みなさんが同じ情報公開された情報や、チャートを見て判断をしています。しかし、同じ情報を見ていても、利益を出せる人、出せない人がいます。この違いは知識と経験の差があると思います。

 

必要な知識を学び、経験を積んでいけば必ず利益を出せる人になれると思います。ここでは、テクニカル分析のMACDについて簡単な説明したいと思います。テクニカル分析を、大きく分けるとトレンド系とオシレータ系に分かれます。

 

MACDはオシレータ系のテクニカル分析です。

 

MACDとは短期の移動平均線と長期の移動平均線がどの程度離れているかを示す指数です。MACDのチャートにはMACDとシグナル線が表示されて、中心に0ラインが引かれています。

 

一般的な見方としては、その0ラインより下でゴールデンクロスをしたときは強い買いのサイン、0ラインより下でデッドクロスしたときは、強い売りのサインだと考えられています。これはあくまでも一般的な見方であり、他のチャートなどと組み合わせ、自分なりの売買のタイミングを見つけてみてください。